メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄り添う先生 志す春 「釜石の奇跡」の中学生が小学校教員に 岩手

担任を務めることになった2年生のクラスの子を引率する及川真穂さん(右)=岩手県釜石市の市立甲子小体育館で2019年4月4日午前9時26分、中尾卓英撮影

 東日本大震災で岩手県釜石市鵜住居(うのすまい)地区の小中学生約600人が率先して高台へ避難し津波から命を守った「釜石の奇跡」。その中心となった釜石東中の卒業生から初めて学校の先生が誕生した。3月に岩手大教育学部を卒業した及川真穂さん(22)。「子どもたちの命を守れる教員」を目指して一歩を踏み出した。

 釜石市立甲子(かっし)小学校。及川さんは4日朝、2~6年生約220人が集まった同小体育館での着任式(紹介式)と始業式に臨んだ。2年2組の担任と紹介され、「まほ先生と呼んでくれたらうれしいです。みなさんと一緒に勉強や行事ができることが楽しみです」と笑顔で語りかけた。

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです