メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

数学の記述式正答率は最低3.4% 大学共通テスト試行調査

大学入試共通テスト・プレテストの第2問。著作権に関する資料を読み解かなければならない

 大学入試センターは4日、センター試験に代わって2020年度に始める大学入学共通テストの試行調査(プレテスト、18年11月実施)の記述式問題の正答率を公表した。国語の3問の正答率は75.7%、48.5%、15.1%で、センターが一定の得点差がつくように設定した7割、5割、2割に近かった。一方、数学の正答率は最低3.4%で、無解答が6割の問題もあった。また、国語の自己採点の一致率は66.0~70.7%で、前回(17年11月)の67.0~77.4%を下回った。

 調査は昨年度の高校2、3年を対象に6教科18科目で実施。記述式は国語と数学1・Aで3問ずつ出題され…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文884文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです