メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

数学の記述式正答率は最低3.4% 大学共通テスト試行調査

大学入試共通テスト・プレテストの第2問。著作権に関する資料を読み解かなければならない

 大学入試センターは4日、センター試験に代わって2020年度に始める大学入学共通テストの試行調査(プレテスト、18年11月実施)の記述式問題の正答率を公表した。国語の3問の正答率は75.7%、48.5%、15.1%で、センターが一定の得点差がつくように設定した7割、5割、2割に近かった。一方、数学の正答率は最低3.4%で、無解答が6割の問題もあった。また、国語の自己採点の一致率は66.0~70.7%で、前回(17年11月)の67.0~77.4%を下回った。

 調査は昨年度の高校2、3年を対象に6教科18科目で実施。記述式は国語と数学1・Aで3問ずつ出題され…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです