メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新テスト、公正さに課題 自己採点の正確欠く 試行調査結果公表

大学入学共通テストの試行調査に臨む高校生ら=大阪府吹田市で2018年11月10日午前9時4分、平川義之撮影

 大学入試センターが4日に公表した大学入学共通テスト試行調査(2018年11月実施)の記述式問題の結果は、自己採点の正確性に課題が残った。また、採点者によって正誤の判断が異なる事例もあり、20年度の導入に向けた最後の試行調査でも、学校関係者らの不安は払拭(ふっしょく)されなかった。【金秀蓮、水戸健一】

この記事は有料記事です。

残り2256文字(全文2407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです