メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 「令和」の手話、「未来に向かって花開く」

昭和と平成
令和

 あたらしい元号げんごう令和れいわ」の手話しゅわができました。「全国ぜんこく手話しゅわ研修けんしゅうセンター」(京都市きょうとし)が2ふつか全国ぜんこく統一とういつ手話しゅわとして発表はっぴょうしました。5ほん指先ゆびさきわきまえうえけてすぼめたあとまえうごかしながらゆっくりとひらきます。左右さゆうどちらのでもOKです。「未来みらいかってはなのつぼみがひらいていくイメージ」とのことです。

     このセンターのなかにある「日本手話にほんしゅわ研究所けんきゅうしょ」は、くににまかせられて、あたらしい言葉ことば手話しゅわかんがえています。1ついたち新元号しんげんごう発表はっぴょうあと北海道ほっかいどうから九州きゅうしゅうまで地区ちくごとにもうけられた9はんひとつずつ、どんな手話しゅわ表現ひょうげんできるかのあんしました。手話通訳しゅわつうやくしゃら6にんからなる委員会いいんかいやく時間じかんはない、全員ぜんいん一致いっちめました。

     あたらしい手話しゅわめる場合ばあい、いつもは一般いっぱんひと意見いけんもとめるため、まるまですうげつかかります。しかし今回こんかいは、手話しゅわ使つかひとたちから「はやめてほしい」とのわせがたくさんあったため、手続てつづきを省略しょうりゃくしました。

     ■指先ゆびさきからかおりはなつように

     日本手話にほんしゅわ研究所けんきゅうしょは、手話しゅわ意味いみについて「はなのつぼみがゆるやかにひらき、やがてはなびらがとなった指先ゆびさきからふくよかなかおりをはなち、なごみゆくさまをあらわしています」と説明せつめいしています。この研究所けんきゅうしょ所長しょちょう高田たかだ英一えいいちさんは「全国ぜんこく研究員けんきゅういん44にん知恵ちえ結晶けっしょう予想よそうしていない元号げんごうおどろいたが、意味いみかりやすく使つかいやすい手話しゅわができた」とはなしました。昭和しょうわ平成へいせいにもそれぞれの手話しゅわがあります。

     「令和れいわ」の手話しゅわ日本手話にほんしゅわ研究所けんきゅうしょのサイトで動画どうがることができます。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
    2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
    3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
    4. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる
    5. ORICON NEWS 新婚夫・廣瀬智紀に“二股”報道 川栄李奈「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです