メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース検定

模擬問題にチャレンジ 3級 日本国憲法の改正手続きで…

 日本国にほんこく憲法けんぽう改正かいせい手続てつづきで、「発議はつぎ」とは【   】ことです。【   】にてはまる文章ぶんしょうを、つぎからひとえらびなさい。

     (1) 憲法けんぽう審査会しんさかい衆参しゅうさんかく議院ぎいんもうける

     (2) 国会こっかいとして憲法けんぽう改正案かいせいあんめる

     (3) 憲法けんぽう改正案かいせいあん衆参両議院しゅうさんりょうぎいん可決かけつし、改正かいせい憲法けんぽう成立せいりつさせる

     (4) 憲法けんぽう改正かいせいあんへの国民こくみん承認しょうにん

     <ヒント>

     憲法けんぽう改正かいせいには、発議はつぎして国民こくみん提案ていあんし、国民投票こくみんとうひょう過半数かはんすう賛成さんせい必要ひつようがあります。

    こたえ

     (2)


    ニュース時事能力検定試験じじのうりょくけんていしけん

     ●ニュース検定けんていを、6がつ23にちにち)に全国ぜんこく41都市とし公開こうかい会場かいじょう実施じっしします。

     ●もっともやさしい5きゅうから1きゅうまで、自分じぶんちからわせてチャレンジできます。

     ●くわしくはニュース検定けんてい協会きょうかいウェブサイトをごらんください。みぎのQRコードまたはしたのURLよりアクセスできます。

     わせは03・5209・0553(平日へいじつ10~17

     https://www.newskentei.jp/

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
    2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
    3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
    4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
    5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです