メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・トップに聞く

宮原正典 水産研究・教育機構理事長

宮原正典氏

漁業の発展のために資源管理を徹底

 水産資源の回復と漁業振興をめざした水産改革法が昨年成立した。漁業が成長産業となるには生産性の向上が欠かせない。その核となるのが、漁獲数量の厳密な管理による豊かな水産資源の回復だ。その設定と実施に大きな役割を果たしているのが水産研究・教育機構で、宮原正典理事長に、日本の水産業が抱える課題や、成長産業化に向けた施策について聞いた。(児玉平生)

 --どのような事業を行っているのですか。

この記事は有料記事です。

残り2911文字(全文3119文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. ORICON NEWS 小雪の姉・弥生、妊娠報告「夏の終わりには家族が増える予定」
  4. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです