メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

日中韓交流 早大が「アジアと学ぶ」プログラム

早稲田大、北京大、高麗大のキャンパス・アジア春季プログラムで合同発表を終えた日中韓の学生たち=東京都新宿区の早稲田大学で2019年2月16日

紛争解決・社会変革のためのリーダー育成

 文部科学省の補助事業「大学の世界展開力強化事業」の一つとして、早稲田大学が中国の北京大学、韓国の高麗大学と共同運営しているキャンパス・アジアプログラムは、多層的紛争解決・社会変革のためのグローバルリーダー共同育成に取り組んでいる。早大は日中韓の学生の取り組みを通して「アジアを学ぶ」ことから「アジアと学ぶ」プログラムへの発想の転換も図っていく方針だ。

 キャンパス・アジアは2009年10月、第2回日中韓サミットで、日本側から3カ国で質の高い大学間交流…

この記事は有料記事です。

残り2406文字(全文2651文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです