メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手ライフ応援マガジン「いわてWalker」を発売

 岩手県はこのほど、地方自治体が作る新しいスタイルの情報誌である岩手ライフ応援マガジン「いわてWalker」=写真=を制作し販売を始めた。若者の県内就職やU・Iターン、移住の促進をテーマに、生活やレジャーの魅力も紹介している。

 雑誌はA4判100ページで、5000部を首都圏や県内の書店、通信販売等で販売するほか、2万2000部を県内の高校を卒業して進学する人などに無料で配布する。これから就職を考える学生や進学のため岩手を離れる高校生、岩手に興味を持つ若者に岩手の仕事や暮らし、遊びの魅力をダイレクトに伝え、U・Iターンや人材の確保につなげることを目的にしている。

 農林水産業や製造業など県内各分野で働く若者の仕事や暮らしぶり、平均通勤時間や帰宅時間など東京とのデ…

この記事は有料記事です。

残り1848文字(全文2206文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです