メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ベルギーに水中撮影スタジオ開設、嵐のシーンもOK

 4月3日、ベルギーの首都ブリュッセルの郊外に、深さ9メートルのプールでの撮影が可能なハイテクスタジオ「ライツ」がオープンした。1月29日撮影(2019年 ロイター/Francois Lenoir)

[PR]

 [ビルボールデ(ベルギー) 3日 ロイター] - ベルギーの首都ブリュッセルの郊外に、深さ9メートルのプールでの撮影が可能なハイテクスタジオ「ライツ」がオープンした。

     可動式の床が設置されており、陸上で作った映画のセットを乗せて水中へ下ろすことが可能。プールサイドからはクレーンで25トンの重さのものを吊り上げられるほか、演技を指導するスタッフが待機できる。波を起こす機械や送風機もあり、嵐の場面を撮影できる環境が完備されている。

     共同創業者のカレン・ジェンセン氏は「映像のプロデューサーや製作者が来て、『5年も温めていた脚本があるのだが、危険すぎるため映像化は不可能だと思っていた』と言われた。だが、ここでは安全な撮影が可能だ」と胸を張った。

     スウェーデン人監督ヨアキム・ヘーデン氏が、ここでの映画撮影を予定しているという。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

    2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

    3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

    4. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

    5. ORICON NEWS これ、許諾大丈夫? 宮川大助師匠が出演する異色のコラボ動画が話題、キレキレのパロディダンスも披露

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです