メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

調査捕鯨

始まる 今回で最後 IWC脱退で縮小へ 石巻・鮎川港 /宮城

 北西太平洋のミンククジラの生息状況を調べる調査捕鯨が4日、石巻市の鮎川港を拠点に始まった。国際捕鯨委員会(IWC)から脱退した日本では7月から商業捕鯨が再開される見込みで、この規模での調査捕鯨は今回で最後となる。

 この日は、石巻市や千葉県南房総市、和歌山県太地町の調査船4隻が関係者に見送られ、出港した。調査は約1カ月の予定で、胃の内容物からエサの種類などを調べる。5月に青森県八戸沖、6月には北海道の網走沖に拠点を移し、ミンククジラを最大で計127頭捕獲する。今後、必要なデータの収集は商業捕…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山陽新幹線、2回緊急停車させる 威力業務妨害容疑で59歳男逮捕

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです