メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀でようやく開花 昨年より8日遅く 専門家も理由分からず /滋賀

各地の気象台が桜の開花宣言を出した日

 全国各地で桜の開花宣言が相次ぐ中、滋賀での宣言の遅れが目立っている。近畿各府県や北陸地方にも桜の便りが既に届いている中、彦根地方気象台は4日午後、ようやく桜(ソメイヨシノ)の開花を発表。平年よりも2日、昨年より8日遅い発表だが、桜の開花に影響を与えると言われる開花前の気温は、過去に開花が遅れた時期よりも、むしろ高め。専門家も「なぜ遅れたのか分からない」と首をかしげている。【諸隈美紗稀、西村浩一】

 開花の基準となる標本木のソメイヨシノは、彦根市にある同気象台の敷地内にある。花が5~6輪咲いたのを…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです