メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県立高再編

平城の生徒・保護者、県を提訴 「条例取り消しを」 /奈良

 県立高校の再編計画で事実上の閉校が決まった平城高(奈良市)の一部生徒や保護者数人が4日、「再編計画は行政の裁量権を逸脱しており違法」として、再編を定めた県条例の取り消しを求める訴訟を奈良地裁に起こした。原告らは昨年4月に入学して2カ月後に再編計画を知らされ、精神的な苦痛を受けたとして、県に損害賠償も求めている。【中津成美】

 原告らは県教委が県民に具体的な再編対象校を明らかにしないまま議論を進めたと指摘。さらに計画公表後に関係者の反対意見を押し切って短期間で条例制定したのは、法律で定められた行政の裁量権を逸脱していて違法だと訴えている。再編対象校の選定についても、「平城高が選ばれるのは不合理」などとしている。

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  2. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです