メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新潟県で震度6強 新潟、山形、能登に津波注意報
代替わりへ

改元の舞台裏/3 「天皇の元号」保守派固執 事務方反発、「1強」首相苦慮

新元号の公表時期を巡る対立の構図

 新元号を巡り、元号案の漏えい防止と同程度に安倍政権が苦心したのが元号の公表時期をいつにするかだ。背景には「元号は天皇のものか、(国民主権の)内閣のものか」という思想的対立があった。

 昨夏ともされた公表時期が今年4月1日にずれ込んだのは、自民党内外の保守派が、皇太子さまの5月1日の新天皇即位後に新元号を公表し、新天皇が改元政令に署名すべきだと主張したためだ。首相官邸内では保守系団体「日本会議」国会議員懇談会の幹部・衛藤晟一首相補佐官が「事前公表反対」を主張。官邸事務方は「国民生活への影響が大きい」と反論。事務方トップの杉田和博官房副長官が衛藤氏と折衝を繰り返した。

 保守派は政権の固い支持基盤だ。こじれれば「安倍晋三首相が目指す憲法改正に影響が出かねない」(保守派…

この記事は有料記事です。

残り2303文字(全文2638文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです