メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「移民社会」 海外の事例から

フランス歴史・人口統計学者 エルベ・ル・ブラーズ氏

 外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管法が1日施行された。新たな在留資格を設け、これまで認められていなかった単純労働分野にも門戸が開かれた。移民・難民を巡ってきしむ欧州、受け入れ制度を改革した韓国、海外に多くの労働者を送り出してきたインドネシア。海外の事例から日本が参考にすべき教訓や課題は。

仏国民も「より豊かな国」へ エルベ・ル・ブラーズ フランス歴史・人口統計学者

 フランスには長い移民の歴史がある。19世紀末に出生率の低さから労働力不足に悩まされ、外国人労働者を受け入れた。第一次世界大戦後には戦争で失われた労働力を補うためにポーランドやユーゴスラビアなどからの移民を、第二次世界大戦後にはポルトガルなど西欧からの移民を受け入れた。その後は、北アフリカのアルジェリアなど旧植民地からの移民が中心となった。

 欧州においてはかつて、外国人労働者側も受け入れ国側も、資金を稼いだら帰国する一時的な滞在を想定して…

この記事は有料記事です。

残り4085文字(全文4492文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  4. 広島原爆アーカイブ 被爆3日後の少女「73年前の母だ」 毎日新聞記者撮影、長男が名乗り

  5. 岐阜信用金庫理事、ひき逃げ容疑で逮捕 帰宅の途中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです