塚田副国交相

忖度発言、強まる逆風 与党内にも懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
塚田副国土交通相の「忖度」発言が参院決算委員会の焦点に
塚田副国土交通相の「忖度」発言が参院決算委員会の焦点に

 塚田一郎副国土交通相は4日の参院決算委員会で、下関北九州道路(下北道路)の建設計画を巡って安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相に「忖度(そんたく)した」と発言したことを重ねて陳謝した。首相は塚田氏をかばう姿勢を変えていないが、辞任は避けられないとの見方が与党からも出始めた。【田中裕之、小田中大】

 山口、福岡両県を結ぶこの道路計画は首相と麻生氏の地元が舞台。統計不正問題で安倍政権を攻めきれなかった野党は「統計問題よりずっとわかりやすい。統一地方選にも影響するだろう」(立憲民主党幹部)と勢いづく。

 塚田氏は参院決算委で、1日の自身の発言に関する報道を翌日知り、「改めて発言内容を思い起こし、事実と異なるという認識に至った」と釈明した。北九州市での福岡県知事選の集会だったことで「熱が入ってしまった」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1425文字)

あわせて読みたい

ニュース特集