メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

NZ銃乱射テロ事件 差別許さぬ団結と連帯を=福岡静哉(台北支局)

銃乱射テロ事件の後、白人女性(手前)に抱きしめられるイスラム教徒の女性=ニュージーランド南部クライストチャーチで3月19日、福岡静哉撮影

 ニュージーランド(NZ)南部クライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)2カ所で、計50人が殺害された3月15日の銃乱射テロ事件を現地で取材した。容疑者の男の極端な白人至上主義思想が動機とみられている。「移民に寛容」と言われるNZでさえも、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを経由して流入するヘイトスピーチの影響を受けていると感じた。私たちは差別の拡散にどう対抗していけばいいのか。

この記事は有料記事です。

残り1832文字(全文2034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです