メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

NZ銃乱射テロ事件 差別許さぬ団結と連帯を=福岡静哉(台北支局)

銃乱射テロ事件の後、白人女性(手前)に抱きしめられるイスラム教徒の女性=ニュージーランド南部クライストチャーチで3月19日、福岡静哉撮影

 ニュージーランド(NZ)南部クライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)2カ所で、計50人が殺害された3月15日の銃乱射テロ事件を現地で取材した。容疑者の男の極端な白人至上主義思想が動機とみられている。「移民に寛容」と言われるNZでさえも、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを経由して流入するヘイトスピーチの影響を受けていると感じた。私たちは差別の拡散にどう対抗していけばいいのか。

この記事は有料記事です。

残り1832文字(全文2034文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  4. 女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決
  5. 質問なるほドリ クールビズ、効果出てる? CO2を169万トン削減、体感温度も2度低く=回答・大場あい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです