メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本@世界

芸能人の不祥事 反応にお国柄 日本/韓国/エジプト/インド/米国/フランス

移送されるピエール瀧容疑者=東京都千代田区で2019年3月13日午前3時24分、長谷川直亮撮影

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(51)が麻薬取締法違反容疑(使用)で逮捕されたことを受けて、日本では出演映画やテレビ番組の放送中止や撮り直し、音楽CDの回収など自主規制の動きが出た。ただ、世界を見回すと不祥事の内容にはよるものの、俳優や歌手のスキャンダルと作品とは切り離して考える国も少なくない。各国の事情をまとめた。

この記事は有料記事です。

残り3854文字(全文4025文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです