米中首脳会談

日程発表か 閣僚級通商協議で判断 米紙報道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン中井正裕】米紙ニューヨーク・タイムズなど米メディアは4日、トランプ米大統領が同日中にも米中通商協議の最終合意に向け、中国の習近平国家主席との首脳会談の日程を発表する見込みだと報じた。トランプ氏は同日午後、閣僚級通商協議のため訪米中の中国の劉鶴副首相とホワイトハウスで会談する予定。トランプ氏は今回の閣僚級協議の成果を踏まえ、首脳会談開催の可否を判断すると見られる。

 米中両政府は3日からワシントンで閣僚級協議を開催。中国の知的財産権侵害や技術移転の強要の是正策などについて合意文書の策定を進めている。ただ、中国側が合意を順守しているか検証する枠組みや、米国が中国製品に課している追加関税の撤廃時期については、対立が続いている模様だ。米中首脳会談が開催される場合、閣僚級で解決できていない対立点を米中トップの直接交渉に委ねる可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文553文字)

あわせて読みたい

ニュース特集