メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

耳の聞こえ 加齢性難聴、50代から

加齢性難聴になると、体温計の電子音など高い音が聞こえづらくなる

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 年を取ると耳の聞こえが悪くなる。医学用語で「加齢性難聴」といい、早い人は50代から始まる。進行すると周囲とコミュニケーションが取りにくくなり、認知症のリスクも高まるという。加齢性難聴の仕組みや対策を探った。

 加齢性難聴になると、小さい音だけでなく高い周波数の音が聞こえにくくなる。言葉を明瞭に聞き取れなくなり、「声は聞こえるが何を言っているのかがわからない」という状態に陥る。本人や周囲が気づくポイントは、体温計の「ピピッ」という電子音や風呂が沸いた通知音に気づかない▽女性の声が聞き取りにくい▽テレビの音が大きくなった▽会話で聞き返しが多くなった▽本人の話す声が大きくなった--などだ。

 原因は、耳の鼓膜の奥にある「内耳」と呼ばれる部分にある有毛細胞が加齢とともに消失することだ。有毛細…

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1704文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです