メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

新しい扉 新潟県十日町市・小杉百合子(元保育士・70歳)

 慣れ親しんだ職場に3月末で別れを告げた。条件に恵まれたからこそ、半世紀もの長い間勤められたのだと思い、感謝でいっぱいだ。この職業が適していたかどうか考えると疑問だが、やりがいを感じ、一歩一歩進んでいくうちに今日に至った。

 若い頃、私は友人に「おとなしくて読書好き」と、よく言われた。年齢とともに面の皮が厚くなり、職業柄もあって今では堂々とした「おしゃべりおばさん」に変身した。喜びも悲しみも数え切れないほど経験した。そんな時、幼い子どもたちの無邪気な言葉や笑顔…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです