メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

大学入試 新テスト試行調査 記述式、公正さ課題 出願判断に影響も

国語の記述式問題

 大学入試センターが4日に公表した大学入学共通テスト試行調査(2018年11月実施)の記述式問題の結果は、自己採点の正確性に課題が残った。また、採点者によって正誤の判断が異なる事例もあり、20年度の導入に向けた最後の試行調査でも、学校関係者らの不安は払拭(ふっしょく)されなかった。【金秀蓮、水戸健一】

 国語と数学1・Aそれぞれ3問の記述式の自己採点が、実際の採点と一致しなかった受験生は国語が28・2…

この記事は有料記事です。

残り2161文字(全文2362文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです