メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
目をそらさないで

「『生涯現役』の先に」編/1 過酷な現場、高齢者が主力 「求人」反応薄く

国道で車を誘導する70代警備員。気温は2~3度まで冷え込んだ=愛知県豊川市で2019年1月31日午後10時ごろ、太田敦子撮影

 カメラを持つ手が痛い。防寒着に身を包んでいても、肌が露出した顔面と足先がいてつく。愛知県豊川市の国道1号上。1月末の夜間の工事現場は極寒だった。警備員たちは接近する車のライトを注視しながら誘導灯を大きく振る。5人の警備員のうち3人が70代。背筋の伸びた立ち姿から、その年齢はうかがえない。

 県内で高齢者の就労支援を行っている窓口の担当者から「80歳に近づくと、紹介できるのは屋外警備になるかな」と聞き、驚いた。年齢が上がるほど選択肢が狭まり、きつい仕事になりがちという。

 70代が働く現場を実際に見たいと、名古屋市中区の警備会社「キステム」東海支店の仕事に同行した。夜間…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1600文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです