メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviデジタル

増税前に買うべきスマホは…思い切って高級機? ミドルスペック機?(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

今年10月、消費税が8%から10%に増税となります。もちろん高価格な製品ほど増税の影響は大きいが、必ずしも“駆け込み買い”が得とは限りません。本特集では、増税前に狙い目のカテゴリを抽出し、そのなかからプロがベストバイ製品をセレクト。“買うべきモノ”をしっかりと見極めて、増税前後の「勝ち組」になりましょう!

 

モバイルライター

井上 晃さん

スマホや格安SIMなど、最新モバイル事情に精通するライター。雑誌やウェブメディアを中心に記事を執筆します。

 

ハイエンド機は5G待ち! ミドル機なら即買いOK

2018年には10万円を超える機種が続々と登場したAndroidスマホ。2019年もハイエンド市場はさらなる進化が予想されます。今年登場するAndroidスマホのフラグシップモデルのなかには、クアルコムが提供する5G対応チップセット「Snapdragon 855」を搭載するものが現れるでしょう。これによりAI処理の高速化や、ディスプレイ上での指紋認証など、最先端の性能が期待されています。こうした高価なハイエンド機は、増税前におトクに買うという選択肢もあるものの、せっかく高価な端末を手に入れるのであれば、やはり進化を待ってからにしたいところです。

 

逆に、増税前の購入として狙い目となるのは、ミドルレンジモデルのスマホ。これらの場合、スペックや性能にハイエンドモデルのような革新的な変化は期待できないため、後継機の登場を待つメリットがさほど大きくないといえます。コスパ重視派であれば、増税前に納得できる端末を選び、購入しておくのがオススメです。

【コレが買うべき理由】

変化の少ないミッドレンジモデルはすぐ買っても後悔ナシ

ミッドレンジモデルの場合、後継機を待ってもそれほど大きな変化は期待できません。そのぶん、現行機を買っても後悔することは少ない。

 

生活に欠かせないアイテムだからこそ、おトクなタイミングで買っておきたい

生活必需品だからこそ、不調が出てからの買い換えはリスク大。いま使っているスマホが不満なら、余裕をもって増税前に購入するのが賢明です。

 

【ココをCHECK】

1 カメラ

端末ごとの違いが出やすい箇所。ミッドレンジ機でも高画質な撮影ができる機種が増えているので、画素数やカメラの数、カメラアプリの機能は要確認です。

 

2 バッテリー

毎日の使い勝手に直結するのがバッテリーまわりのスペックや機能。バッテリー容量と連続通話時間、急速充電に対応しているかどうかをチェック。

 

3 セキュリティ

生体認証を使ったロック解除が主流に。指紋認証・顔認証の両方に対応したものと、一方だけのものに分かれます。両対応は使い分けができて便利です。

 

4 便利機能

長く使うなら防水・防塵仕様が安心。ショートカットでの機能呼び出しなど、「小さいけれど便利」な機能の充実度も快適さを左右するので見ておきたい。

 

【その1】 背面・前面とも1600万画素の高画質カメラと有機ELディスプレイを搭載

ドコモ/サムスン

Galaxy Feel2

実売価格4万2120円

 

5.6インチ有機ELディスプレイ搭載。先代のGalaxy Feelと比較してCPUで30%、GPUで270%高速化したという処理能力で、ゲームや動画視聴も快適。外部ストレージは、最大512GBまでのmicroSDに対応します。防水・防塵設計で、おサイフケータイも利用可能。

 

SPEC●ディスプレイ:約5.6インチ●プロセッサー:Exynos 7885●メモリ:4GB●バッテリー:3000mAh●OS:Android 8.1●画面解像度:720×1480ドット●ストレージ:32GB●防水/防塵:IPX5/IPX8/IP6X●サイズ/質量:約W70×H149×D8.4mm/約168g

 

【カメラ:評価A+】

背面カメラと同等に前面カメラも高画質

背面・前面カメラ共に約16MPと高画質。背景をぼかして撮影する「自撮りフォーカス」や暗い場所で撮影できる「夜景」などのモードも重宝します。

 

【充電:評価A+】

大容量バッテリー搭載で長時間の使用も安心

急速充電に対応した3000mAh大容量バッテリーの搭載が◎。「端末のメンテナンス」では、消費量の大きいアプリを自動検出して動作を最適化できます。

 

【セキュリティ:評価A+】

指紋&顔の2種類の生体認証に対応

指紋認証に加えて、顔認証にも対応と充実。前面カメラを見るだけで、すばやいロック解除が可能です。指紋センサーは、端末背面の上側に搭載します。

 

【便利機能:評価A】

不意の画面オフを防ぐ「スマートステイ」搭載

画面を見ている間は点灯し続ける「スマートステイ」が地味に便利。指紋センサーを上下にスワイプすることで、通知パネルを開閉できる機能もイイ。

 

サムスンならコチラもオススメ

Galaxy S9

実売価格9万5040円(au)

背面1200万画素、前面800万画素のカメラを搭載し、IP68の防水・防塵に対応。顔認証と虹彩認証を組み合わせた技術で、暗い場所でもスムーズにロック解除できます。ドコモおよびauから販売。

※ドコモの分離プラン「docomo with」には非対応

 

【その2】高精細な写真や動画を楽しめるフルHD+のIGZOディスプレイ搭載

ドコモ・au/シャープ

AQUOS sense2

実売価格3万1752円(ドコモ)

 

剛性の高いアルミ素材を採用し、高精細かつ省電力が特徴のIGZO液晶ディスプレイを装備。あらかじめ設定したアプリで画面を自動スクロールできる「スクロールオート」など、使い勝手を向上させる機能を多数搭載。防水・防塵に対応します。

 

SPEC●ディスプレイ:約5.5インチ●プロセッサー:Snapdragon450●メモリ:約3GB●バッテリー:2700mAh●OS:Android 8.1●画面解像度:1080×2160ドット●ストレージ:約32GB●連続通話:約1240分(※1)●防水/防塵:IPX5/IPX8/IP6X●サイズ/質量:約W71×H148×D8.4mm/約155g

 

【カメラ:評価A】

AIが撮影シーンを判断し自動で美しく撮影できる

背面1200万画素、前面800万画素のカメラを搭載。AIがシーンを判断して最適な設定で撮影できます。画面上に構図の目安となるガイド線を表示することも可能です。

 

【充電:評価A】

柔軟に設定できる省エネ機能が便利

バッテリー容量は2700mAhと大きめ。一部機能を制限して電池持ちを長くする「省エネスイッチ」は、対象とする機能を任意に選択できるのが便利。

 

【セキュリティ:評価A+】

使用状況に応じて指紋/顔認証を使い分け

指紋および顔認証の両対応で、指紋センサーは前面下部に搭載。普段は顔認証、端末を机に置いているときは指紋認証など使い分けできてイイ。

 

【便利機能:評価A】

「エモパー」でニュースや予定を音声で確認できる

AIが予定やユーザーに合わせたニュースを音声や文字で知らせてくれる機能「エモパー」が優秀。おサイフケータイに対応するのも◎。

 

【その3】手頃な価格なのに大画面&ダブルレンズのハイコスパ端末

ソフトバンク/ファーウェイ

HUAWEI nova lite 2

実売価格3万720円

 

約5.7インチの液晶ディスプレイを搭載。薄くて軽いことが特徴で、ダブルレンズ搭載のカメラを生かし、背景に美しいボケ味を加えた撮影ができます。AIカメラを搭載した「HUAWEI nova lite 3」も登場し、シリーズのラインナップはさらに充実中です。

 

SPEC●ディスプレイ約5.7インチ●プロセッサー:HUAWEI Kirin 659●メモリ:3GB●バッテリー:3000mAh●OS:Android 8.0画面解像度:2160×1080ドット●ストレージ:32GB●連続通話(LTE):約1200分●サイズ/質量:約W72×H150×D7.5mm/約143g

 

【カメラ:評価A】

1300万画素+200万画素で構成された背面ダブルカメラが◎

1300万画素と200万画素の背面カメラおよび、800万画素の前面カメラを搭載します。選択した被写体を追跡し、フォーカスする「オブジェクトトラッキング」機能も優秀です。

 

【充電:評価A+】

約1200分の連続通話が可能な長寿命のバッテリー

3000mAhの大容量バッテリーを搭載し、連続通話時間も約1200分と長い。省電力モードは、セーブの度合いが異なる2段階が用意されています。

 

【セキュリティ:評価A+】

指紋認証は秘密のファイルへのアクセスにも使用

指紋および顔認証の両対応。指紋センサーは、書類や写真などを暗号化して保存できる「selfボックス」へのアクセスにも使用できます。

 

【便利機能:評価B+】

ワンタッチの電話応答や片手操作向け表示がイイ

防水には非対応。片手操作時に画面を縮小表示する「ワンハンドUI」は快適で、指紋センサー長押しで電話に出られるといった細かい機能も◎。

 

各社の切り替えが進む新しい料金体系-分離プランっておトクなの?

端末代金を通信料金と切り離した「分離プラン」。今後の主流にとなると言われていますが、従来のプランとは何が違うのでしょうか?

 

従来のプランでは、端末代が通信料に対する割引として相殺されていました。しかし、この仕組みは、長期間同じ端末を使う人が損をする構図になります。それに対し、ユーザー間の不公平を解消して料金体系も明瞭にしたのが分離プランです。auとソフトバンクはすでに分離プランを導入済み。ドコモは対象機種を限定した「docomo with」プランを提供中で、今春には完全な分離プランを発表するのではないかと思われます。分離プランは通信料が割安になるため、端末を変えずに長期利用する場合はおトクになります。

 

なお、端末を割賦で支払う場合、分離・非分離プランを問わず税率は購入時に確定します。9月までに購入すれば、その後に支払う分割の端末代は8%の税率が適用されるので、端末は増税前に購入しておくのが正解です。

 

Xperia XZ3でプラン内容を比較した場合 ※

端末代金はほぼ同じですが、通信料に大きな差があります。端末代の分割払いが終了した25か月目以降の支払額は、分離プランのほうが断然おトクです。

従来型プラン(ドコモ) 分離プラン(au)
機種代金 4104円/月(24回) 4140円/月(24回)
通話料+データ通信料 5292円/月 3678円/月
割引 -1728円/月(24回) -1000円(12回)
毎月の合計支払額 7668円/月 1年目6818円/月

/2年目7818円/月

※2年契約でXperia XZ3を購入し、ドコモは「カケホーダイライト」「ベーシックパック(~1GB)」選択時、auは「auピタットプラン(スーパーカケホ)」でデータ通信が~1GBの場合

 

【その4】ハードな使い方でも安心な高耐久性を備えた防水・防塵スマホ

ドコモ/富士通

arrows Be F-04K

実売価格3万3696円

 

耐久性の高さが特徴の5インチ端末。高温や低温、氷結などに耐えるMIL規格に準拠します。画面の左下からスワイプすることで、使用頻度の高いアプリのショートカットを表示できる「スライドランチャー」機能や、おサイフケータイに対応。

 

SPEC●ディスプレイ:約5インチ●プロセッサー:Snapdragon 450●メモリ:3GB●バッテリー:2580mAh●OS:Android 8.1●画面解像度:720×1280ドット●ストレージ:32GB●連続通話:約980分●防水/防塵:IPX5/IPX8/IP6X●サイズ/質量:約W72×H144×D8.3mm/約146g

 

【カメラ:評価A】

動画撮影時に被写体を自動でズーム&追跡できる

カメラは背面約12.2MP、前面約5MP。選択した被写体をズームしながら自動で追いかけて動画を撮影できる「Live Auto Zoom」機能が楽しい。

 

【充電:評価B+】

フル充電量を抑えて電池寿命を延ばす設定も

バッテリー容量は2580mAhとやや少なめ。充電量85%で充電を自動停止することで、バッテリー寿命を延ばす「フル充電量設定」がユニークです。

 

【セキュリティ:評価A】

指紋センサーと電源ボタンが一体で解除がスムーズ

指紋認証に対応。サイドの電源ボタンが指紋センサーを兼ねているので、画面をオンにすると同時にスムーズなロック解除ができます。

 

【便利機能:評価A

汚れが気になったら丸洗いできるのが◎

端末は市販のハンドソープで洗浄が可能。上下の縁をわずかに高くすることで落下時に画面を守る「画面保護フレーム」も安心です。

 

【その5】小型スマホ派にうれしい軽量&コンパクトな5インチ端末

au/LGエレクトロニクス

LG it LGV36

実売価格3万2400円

 

約140gの軽量・コンパクトな5インチ端末。「メタリックレッド」をはじめ3色が揃い、背面はマットなメタリック仕上げで落ち着きのある雰囲気。画面を2回タップすることでオン/オフを切り替える「ノックオン」などの機能を利用できます。

 

SPEC●ディスプレイ:約5インチ●プロセッサー:Snapdragon 430●メモリ:3GB●バッテリー:2500mAh●OS:Android 8.1●画面解像度:1280×720ドット●ストレージ:32GB●連続通話:約910分●サイズ/質量:約W72×H145×D8mm/約140g

 

【カメラ:評価A

画面スワイプですばやく自撮りに切り替えできる

背面1300万画素、前面500万画素のカメラを搭載。撮影画面を左右にスワイプすることで、背面・前面カメラをすばやく切り替えられます。フィルター機能も多彩です。

 

【充電:評価B+】

バッテリーセーブ時に任意の通知を受け取れる

バッテリー容量は2500mAhと少なめ。バッテリーセーブモード時に、セーブ対象から除外するアプリを指定でき、重要な通知を見逃す心配がありません。

 

【セキュリティ:評価A】

自宅など指定の場所ではロック解除状態にできる

指紋認証は非対応だが、顔認証でのロック解除が利用可能。自宅などの指定した場所ではロックを自動解除する便利機能も用意されています。

 

【便利機能:評価B+】

表示したままにしたいアプリを画面に固定できる

防水には非対応。選択したアプリを画面に固定表示できる機能を搭載。ゲーム中の通知制限を簡単に行える「ゲームツール」も魅力です。

 

SIMフリーならコレがオススメ!

SIMフリーのミッドレンジモデルにも、カメラ機能などに優れたハイコスパな端末が揃っています。増税前に端末を買い、格安SIMで毎月の通信費を抑えれば、よりおトクにスマホを利用できます。

 

【その6】ダブルレンズを搭載した大画面有機EL端末

モトローラ

moto z3 play

実売価格6万1344円

 

約6.01インチの有機ELディスプレイ端末。生体認証は顔および指紋の両対応で、同梱の充電器を使えば急速充電が可能。背面12MP+5MPの背面カメラおよび、8MPの前面カメラを搭載します。

 

SPEC●ディスプレイ約6.01インチ●プロセッサー:Snapdragon 636●メモリ:4GB●バッテリー3000mAh●OS:Android 8.1●画面解像度:2160×1080ドット、有機EL●ストレージ:64GB●防水:撥水対応●サイズ/質量:約W76.5×H156.5×D6.75mm/約156g

 

【その7】 AIによるシーン分析機能で高レベルな写真が撮れる

ASUS

ZenFone5

実売価格5万7024円

 

6.2インチ液晶ディスプレイを搭載。背面12MP+8MP、前面8MPのカメラは、AIによるシーン分析やポートレートモード撮影が可能。過充電を防止してバッテリー寿命を延ばすAI充電に対応。

 

SPEC●ディスプレイ:約6.2インチ●プロセッサー:Snapdragon 636●メモリ:6GB●バッテリー:3300mAh●OS:Android 8.0●画面解像度:2246×1080ドット、液晶●ストレージ:64GB●連続通話(LTE):約1500分●サイズ/質量:約W75.6×H153×D7.7mm/約165g

【関連記事】
ビジネスツールをスマートに一新したいなら、新iPad miniをビジネス手帳として導入してみない?
プログラミングの素養は「パズル」で学べ! ひと味変わった知育玩具がまもなくやってくる
子を案ずるお母様、これは手軽で安心です! 買い切り型の見守りデバイス「FamilyDot」
レトロキーボードに新たな刺客。「AZIO特製版」が日本上陸
2000円以下の「ワイヤレスマウス」はどれがよいのか? 評判の良い5選をピックアップ

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです