メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口県知事「急に話が出て戸惑っている」 副国交相「忖度」発言

山口県の村岡嗣政知事

 山口県下関市と北九州市を結ぶ下関北九州道路(下北道路)建設計画を巡り、塚田一郎副国土交通相が利益誘導をしたと取れる発言をした問題で、山口県の村岡嗣政知事は4日の定例記者会見で「特別な配慮が無ければ取り上げられない事業と思っていない。急にこういう話が出て戸惑っている」と述べた。

 下北道路は3月末発表の今年度予算で、国…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文352文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです