メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまぬ閣僚失言、政権体質に批判 副国交相辞任へ

参院決算委員会後、記者団の質問に答え一礼する塚田一郎副国土交通相=国会内で2019年4月4日午後4時37分、川田雅浩撮影

 道路整備を巡って安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相に「忖度(そんたく)した」と発言した塚田一郎副国土交通相が5日、辞任する見通しとなった。安倍首相が塚田氏の更迭を否定してから一転して幕引きを図った形だが、安倍政権では閣僚らの失言が相次ぎ、政権の体質が問われている。

 今国会では、2月に競泳の池江璃花子選手が白血病を公表したことに対し、桜田義孝五輪担当相が「がっかりしている」などと発言。批判を浴び、謝罪と発言撤回に追い込まれたばかりだった。

 2018年1月には、松本文明元副内閣相が、沖縄県で相次ぐ米軍ヘリのトラブルに関する国会での質問中に…

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです