特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

公明党 衆院2補選の足並みに不安 自民候補推薦、地元に異論も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
公明党をめぐる衆院2補選の構図
公明党をめぐる衆院2補選の構図

 衆院大阪12区と沖縄3区の補選(9日告示、21日投開票)で、自民党の立候補予定者の推薦を決めた公明党の動向が焦点となっている。大阪12区では公明と協力関係を築いてきた無所属元職に票の一部が流れるとの観測がある。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設が争点となる沖縄3区では、容認派の自民新人に反対派の公明県本部がどれだけ支援するか不透明さが漂う。共に地元事情が絡み、足並みに不安を抱える。

 大阪12区は自民公認の北川晋平氏(31)、日本維新の会公認の藤田文武氏(38)、無所属での出馬を表明した共産党の宮本岳志衆院議員(59)、無所属の樽床伸二元総務相(59)による混戦模様だ。公明は今回、北川氏の推薦を決めたが、党幹部は「一定の票が樽床氏に流れるのは仕方ない」と語る。公明は大阪12区と重なる府議選寝屋川市選挙区で、樽床氏の支援を受けて議席を確保してきた経緯があるためだ。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文1004文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい