メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「辞任は当然」「自覚が足りない」識者ら 塚田氏「忖度」発言

辞任について報道陣に説明する塚田一郎副国土交通相=国交省で2019年4月5日午前11時42分、佐々木順一撮影

 辞任に発展した自民党の塚田一郎副国土交通相の「忖度(そんたく)」発言に、識者や塚田氏の地元・新潟県からは「辞任は当然」「自覚が足りない」などと一斉に批判の声が上がった。

 「発言が事実なら言語道断だし、事実でないならうそをついて有権者の票を集めようとしたことになる。辞任は当然だ」。一連のてんまつを厳しく見るのは政治アナリストの伊藤惇夫さんだ。安倍政権で「忖度」は、学校法人「森友学園」「加計学園」をめぐる問題などでたびたび問われてきた。「『安倍1強』の中で緩みやおごりが出ており、自民党内に『忖度して当たり前』というムードがあるのかもしれない。安倍晋三首相自身が、忖度をしないよう党内に指示すべきだ」と指摘する。

 本当に忖度はなかったのか。塚田氏は5日、記者団に「大きな会合で雰囲気にのまれて発言してしまった」と述べ、改めて否定した。これに対し、国際医療福祉大の川上和久教授(政治心理学)は「会合などで話を誇張して有権者の関心を引くのは政治家によくあるタイプ」と分析。その上で「副大臣に登用され、自己顕示欲を満たしたかったのかもしれないが、公人としての自覚が足りていないのは明らかだ」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文1109文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです