メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初

佐賀市長、特製メニューを試食 ご当地グルメ「シシリアンライス」の日

特製のシシリアンライスを試食する秀島市長=佐賀市で2019年4月4日、松尾雅也撮影

 佐賀市の秀島敏行市長は4日、同市のご当地グルメ「シシリアンライス」の特製メニューを試食した。「シシ」の語呂合わせから4月4日を記念日としているのに合わせた取り組み。桜エビの炊き込みご飯で桜の季節をイメージした一皿を、架空のシシリアン国王に扮(ふん)した秀島市長がほおばった。

     シシリアンライスは、味付けした肉と野菜をご飯に乗せ、マヨネーズを添えるのが基本。1975年ごろに飲食店のまかないとして誕生したとする説があり、喫茶店やレストランで提供されるようになった。

     桜色に染まったご飯と地元の肉や野菜が織りなす創作料理を市役所で味わった秀島市長は「シシリアンライスがある佐賀にぜひ来てほしい」とPRした。今年度はシシリアンライスを提供する市中心部の20店を紹介するマップをリニューアルし、観光案内所などで配布する。【松尾雅也】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
    2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
    3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
    5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです