特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2の健全性を確認 衝突実験の計画通り実施の可能性高まる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、小惑星リュウグウへ人工的にクレーターを作る衝突実験に挑んだ探査機はやぶさ2について、衝突実験の予定時刻後も地球と通信ができていることを確認したと明らかにした。衝突実験が計画通りに実施された可能性が高まった。

 衝突実験では、衝突装置の爆発や、クレーターを作る際に飛び散る岩石…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集