広島・原爆資料館の入館者数が大幅減 18年度、豪雨で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 広島市の原爆資料館は5日、昨年度の入館者数は152万2453人だったと発表した。広島県などが被災した昨年7月の西日本豪雨の影響で、前年度より約16万人(9.4%)減った。一方、外国人は43万4838人と全体の3割を占め、6年連続で過去最多を更新した。

 原爆が投下された8月を中心に夏は例年最も入館者が多…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

あわせて読みたい

注目の特集