「何とか還すことができた」 広島・菊池涼、同点二塁打

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ○阪神3-2広島●(5日・マツダスタジアム)

 先発投手が放ったチーム初安打を、野手が生かさないわけにはいかない。1点を追う三回、打率1割台と低迷していた広島の菊池涼が、二塁走者の大瀬良を本塁へと迎え入れる同点の適時二塁打。「何とか還すことができて良かった」と満足そうに語った。

 阪神・メッセンジャーの緩急を使った投球に、三回2死まで一人の走者も出せなかった。だが、先発の9番・大…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

あわせて読みたい

注目の特集