メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

政治 曲がり角の統一地方選挙(その1) なり手不足深刻 投票率も低下

統一地方選の日程
候補者の訴えに耳を傾ける有権者ら=大阪府内で2019年3月29日、加古信志撮影

 現在げんざい、4ねんに1かいおこなわれる統一地方選挙とういつちほうせんきょのただなかです。11道府県どうふけん知事ちじ、6政令市せいれいし市長しちょう、41道府どうふ県議会けんぎかい議員ぎいん、17政令市せいれいし市議会議員しぎかいぎいんえら選挙せんきょ投票とうひょうは7なのかです。市区町村しくちょうそんちょう市区町村しくちょうそん議会ぎかい議員ぎいんえら選挙せんきょも21にち投票とうひょうされます。全国ぜんこくわせて980の選挙せんきょがありますが、みなさんの地元じもとではがっていますか。地方ちほう政治家せいじかはなり不足ぶそく投票率とうひょうりつ低下ていかし、がりかどむかえています。【長尾ながお真希子まきこ

     都道府県とどうふけん知事ちじ市町村長しちょうそんちょうの「首長しゅちょう」、都道府県とどうふけん市区町村しくちょうそん地方議会議員ちほうぎかいぎいんえら選挙せんきょを、いずれも「地方選挙ちほうせんきょ」といます。

     政治せいじおこなわれる地域ちいき単位たんいが「地方自治体ちほうじちたい」です。「おおきな図書館としょかんがほしい」「通学つうがくあぶない」など、住民じゅうみんなかには、さまざまな要望ようぼう不満ふまんがあります。取捨選択しゅしゃせんたくして優先順位ゆうせんじゅんいけ、実現じつげんさせます。

     そのトップにち、責任せきにんう「首長しゅちょう」はとてもおおきな権限けんげんっています。おかね使つかかたや、自治体じちたいなかのルール「条例じょうれい」をかんがえます。首長しゅちょう勝手かってなことをしはじめたら、問題もんだいです。このため、議員ぎいんによる議会ぎかいが、首長しゅちょうただしく仕事しごとをしているかをチェックします。

     こうした重要じゅうよう役割やくわりになっている地方ちほう政治家せいじかのなりっています。

     今回こんかい道府どうふ県議会議員けんぎかいぎいん選挙せんきょでは、立候補者りっこうほしゃすう議員定数ぎいんていすうえず、投票とうひょうなしで当選者とうせんしゃまった選挙区せんきょくがたくさんありました。無投票むとうひょうりつ議員定数ぎいんていすう合計ごうけいめる無投票当選むとうひょうとうせんしゃ割合わりあい)は前回ぜんかいより5ポイントたかい26・9%で、過去最高かこさいこう更新こうしんしました。議員ぎいんになるひとの4にんに1ひとり有権者ゆうけんしゃ審判しんぱんけずに議席ぎせきたことになります。

     立候補者りっこうほしゃすくない理由りゆうについては「ちからのある政党せいとう当選者とうせんしゃ固定こていしていて、いどみにくい」「地方議員ちほうぎいん報酬ほうしゅうだけではらせない」などがげられています。わか世代せだい政治せいじへの関心かんしんがっていることも原因げんいんひとつです。

    えるか、女性議員じょせいぎいん

     投票率とうひょうりつがりつづけています。前回ぜんかい統一地方選挙とういつちほうせんきょ投票率とうひょうりつは、平均へいきんもっとたかかった市区しく町村長選挙ちょうそんちょうせんきょで50・02%。もっとひく道府どうふ県議会議員けんぎかいぎいん選挙せんきょは45・05%でした。

     今回こんかいは、選挙権せんきょけん年齢ねんれいが20さいから18さいげられてからはつ統一地方選挙とういつちほうせんきょです。若者わかものにも選挙せんきょ関心かんしんってもらおうと、各地かくちでPRイベントがおこなわれています。

     また、さくねんがつに、立候補者りっこうほしゃ男女均等だんじょきんとうにするよう政党せいとう努力どりょくもとめる「政治せいじ分野ぶんやにおける男女共同参画だんじょきょうどうさんかく推進すいしんほう」ができてから、はじめての統一地方選とういつちほうせんきょでもあります。女性じょせい候補者こうほしゃすうなやんでいますが、女性じょせい政治せいじ参加さんか後押あとおしするうごきは各地かくちられます。=2めんにつづく

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
    2. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
    3. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
    4. 「陛下にお会いできること楽しみ」トランプ氏、夕方到着
    5. 小学校 変わる運動会「春」が定番に 競技種目も減少

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです