メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

政治 曲がり角の統一地方選挙(その2止) 地域の選挙を調べよう

「大阪府知事選・大阪市長選討論会」で意見を述べ合う(右から)市長選候補予定者の松井一郎氏、知事選候補予定者の吉村洋文氏、知事選候補予定者の小西禎一氏、市長選候補予定者の柳本顕氏=大阪市北区で2019年3月18日、平川義之撮影

 <1めんからつづく>

     みなさんの地域ちいき選挙せんきょについて調しらべてみましょう。紙面しめんしたにワークシートを用意よういしました。選挙結果せんきょけっかたら、投票率とうひょうりつ変化へんか女性議員じょせいぎいんかずにも注目ちゅうもくです。

     「選挙せんきょがない」という地域ちいきもあるでしょう。統一地方選挙とういつちほうせんきょというのになぜ--。

     最初さいしょ統一地方選挙とういつちほうせんきょおこなわれたのは、1947ねんがつでした。戦争せんそうわって憲法けんぽうあたらしくなり、地域ちいきのリーダーも選挙せんきょえらぶことになりました。あたらしい制度せいどはじまるのにわせて、全国ぜんこくでいっせいに選挙せんきょをしたのです。

     おな選挙せんきょおこなうことには、どんな効果こうかがあるのでしょうか。選挙せんきょムードがひろがることで、有権者ゆうけんしゃ関心かんしんたかまり、投票率とうひょうりつがると期待きたいされています。また、選挙せんきょにはおかねがかかります。投票とうひょう用紙ようし印刷いんさつしたり、開票作業かいひょうさぎょうをするひとやとったりします。まとめておこなうことで、おかね節約せつやくできます。

     しかし、任期にんき途中とちゅう首長しゅちょうめたり、くなったり、合併がっぺい自治体じちたいまれわったりして、選挙せんきょのタイミングはずれてきました。

     今回こんかい統一地方選挙とういつちほうせんきょわせておこなわれる選挙せんきょは、地方選挙ちほうせんきょ全体ぜんたいの27・40%です。東日本大震災ひがしにほんだいしんさいのため被災地ひさいち選挙せんきょ延期えんきになった2011ねんおなじで、過去最低かこさいていです。

    注目ちゅうもく北海道ほっかいどう大阪おおさか なつ参院選さんいんせんうらな

     としは、統一地方選挙とういつちほうせんきょなつおこなわれる参議院議員選挙さんぎいんぎいんせんきょ参院選さんいんせん)がかさなる12ねんに1特別とくべつとしです。えとの「どし」にかさなるので「どし選挙せんきょ」とばれています。統一地方選挙とういつちほうせんきょ結果けっか参院選さんいんせん目安めやすとなるため、かく政党せいとうちかられています。

     なかでも注目ちゅうもくされている選挙せんきょがあります。北海道ほっかいどう自民じみん公明こうめい両党りょうとう推薦すいせんするぜん夕張市長ゆうばりしちょう鈴木直道すずきなおみちさん(38)と、立憲りっけん民主みんしゅ国民こくみん民主みんしゅ共産きょうさん自由じゆう社民しゃみん野党やとうとうもと衆議院議員しゅうぎいんぎいん石川知裕いしかわともひろさん(45)の一騎打いっきうちです。

     もうひとつは大阪府知事選挙おおさかふちじせんきょ大阪市長選挙おおさかしちょうせんきょです。地域政党ちいきせいとう大阪維新おおさかいしんかい」は、大阪市おおさかしをなくして、東京とうきょう23のような特別区とくべつくつくる「大阪都構想おおさかとこうそう」を実現じつげんしようとしています。そこで、大阪市長おおさかしちょうだった吉村洋文よしむらひろふみさん(43)と大阪府知事おおさかふちじだった松井一郎まついいちろうさん(55)が立場たちばえて出馬しゅつばするという、前代未聞ぜんだいみもんのダブル選挙せんきょになりました。

     自民党じみんとう公明党こうめいとう共産党きょうさんとうなどは「はん維新いしん」をかかげて対抗たいこうしています。吉村よしむらさんは府知事選ふちじせんもと副知事ふくちじ小西こにし禎一ただかずさん(64)と、松井まついさんは市長選しちょうせん元市議もとしぎ柳本顕やなぎもとあきらさん(45)と激突げきとつします。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大きな虹 福岡の空に
    2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
    3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
    4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
    5. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです