メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴーン前会長、異例の再逮捕 改めて考える「人質司法」問題

再逮捕前日の夜、弁護士事務所を出るカルロス・ゴーン前会長=東京都千代田区で2019年4月3日午後7時13分、渡部直樹撮影

 東京地検特捜部が4日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)を新たな特別背任容疑で再逮捕した。世間をあっと言わせた保釈時の「変装劇」から1カ月足らず。特捜事件でいったん保釈された被告が再び身柄を拘束されるのは異例だ。地検の捜査や刑事手続きに批判的な弁護士2人に話を聞き、変装劇と再逮捕から、長期にわたり身柄を拘束する「人質司法」の問題を改めて考える。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2626文字(全文2825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです