メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴーン前会長、異例の再逮捕 改めて考える「人質司法」問題

再逮捕前日の夜、弁護士事務所を出るカルロス・ゴーン前会長=東京都千代田区で2019年4月3日午後7時13分、渡部直樹撮影

 東京地検特捜部が4日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)を新たな特別背任容疑で再逮捕した。世間をあっと言わせた保釈時の「変装劇」から1カ月足らず。特捜事件でいったん保釈された被告が再び身柄を拘束されるのは異例だ。地検の捜査や刑事手続きに批判的な弁護士2人に話を聞き、変装劇と再逮捕から、長期にわたり身柄を拘束する「人質司法」の問題を改めて考える。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

 昨年11月に逮捕されたゴーン前会長は、108日間の勾留を経て今年3月6日、東京拘置所から保釈された。その場面を振り返っておこう。

 午後4時半ごろ、大勢の刑務官に囲まれて出てきた前会長は、作業員姿で、反射ベストまで着込んでいた。待ち構えていた報道陣が虚を突かれ騒然とする中、工事会社の軽ワゴン車に乗り込んでその場を離れた。報道各社は「変装劇」を大きく報じた。

この記事は有料記事です。

残り2447文字(全文2825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです