メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ドイツ銀が従業員のブルネイ系ホテル利用禁止、同性愛処罰決定で

 4月4日、ドイツ銀行は従業員に対し、ブルネイが経営するドーチェスター・コレクション系列のホテルの利用を禁止した。同国が不倫や同性愛に対し、石打ちによる死刑を認めているイスラム法(シャリア)の適用を決定したことを受けた措置。2016年10月27日、フランクフルトで撮影(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[PR]

 [フランクフルト 4日 ロイター] - ドイツ銀行は従業員に対し、ブルネイが経営するドーチェスター・コレクション系列のホテルの利用を禁止した。同国が不倫や同性愛に対し、石打ちによる死刑を認めているイスラム法(シャリア)の適用を決定したことを受けた措置。

 ドイツ銀行の最高リスク管理責任者(CRO)、スチュアート・ルイス氏は「ブルネイが施行した新法は、最も基本的な人権を侵害している。われわれは企業として、抗議行動を取ることが責務と考える」との声明を発表した。

 国連は3日、同性愛、不倫、レイプに対する死刑、窃盗に対する身体切断を認めているシャリアの施行により、ブルネイは人権を侵害しているとの見解を示した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  3. 荻原魚雷のラジオ交差点 このまま走り続けてほしかった

  4. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  5. 世界のコロナ感染、1億人超 77人に1人 死者は210万人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです