メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

「トランプ氏はゴルフのいんちき常習犯」、スポーツ記者明かす

 4月4日、トランプ米大統領のゴルフは規則に「柔軟」で、球を蹴って動かしたり、カップに十分近いと思えばパットの1打を省略――こんなエピソードが、スポーツ記者の著書で明らかになった。2018年7月14日、自らが所有する英スコットランドのターンベリーのゴルフリゾートで撮影(2019年 ロイター/Henry Nicholls)

[PR]

 [ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米大統領のゴルフは規則に「柔軟」で、球を蹴って動かしたり、カップに十分近いと思えばパットの1打を省略――こんなエピソードが、スポーツ記者の著書で明らかになった。

     「スポーツ・イラストレーテッド」誌の元記者、リック・ライリー氏が最近上梓した「Commander in Cheat: How Golf Explains Trump」(「いんちき指揮官:ゴルフが語るトランプ氏」の意味)によると、トランプ氏はコースであらゆる違反を犯したという。

     ライリー氏は4日、ロイターの取材に応じ、多くのゴルフリゾートを所有するトランプ氏がコースでいんちきをすることは決して珍しくなかったと述べた。

     たとえば、2017年11月にタイガー・ウッズ、ダスティン・ジョンソンらプロと回った際には、1ホールで2度「池ポチャ」をしてしまったが、罰打などのペナルティー規則に従わなかった。プロは全員、これを目撃していたが、笑って見逃したという。

     ライリー氏は「トランプ氏があまりにおかしかったので、いんちきの話をもっと仕入れたくて見ぬふりをした」と話した。

     さらに、ニューヨークにある有名なゴルフクラブで、トランプ氏は球を蹴って良い位置に運ぶ常習犯だったという。キャディーの間では、有名サッカー選手の名前を取って「ペレ」と呼ばれていたことも明らかになった。

     ライリー氏は「72歳にしてハンディキャップが10というのは、かなり上手い。なのに、どうして十分ではないのか」と話した。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

    2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

    3. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

    4. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

    5. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです