メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

軽い飲酒が脳卒中予防になる可能性はない=共同研究

 4月4日、医学誌ランセットに掲載された最新の遺伝子研究で、血圧と脳卒中の発症リスクはアルコール摂取量に比例して上昇するもので、1日1─2杯のアルコール摂取が脳卒中予防につながる可能性があるとの見方は真実でないことが明らかになった。2018年10月18日、カンボジアのプノンペンで撮影(2019年 ロイター/Samrang Pring)

[PR]

 [ロンドン 4日 ロイター] - 医学誌ランセットに掲載された最新の遺伝子研究で、血圧と脳卒中の発症リスクはアルコール摂取量に比例して上昇するもので、1日1─2杯のアルコール摂取が脳卒中予防につながる可能性があるとの見方は真実でないことが明らかになった。

     研究は英オックスフォード大学、中国の北京大学と中国医学科学院の科学者らが実施。アルコール耐性を抑制する遺伝子を持つ例が多い東アジア系の人に焦点を合わせ、中国人の成人16万人のデータを分析した。この集団の多くは、アルコール耐性遺伝子がないため飲酒が不可能だった。

     分析の結果、1日に10─20グラムのアルコールを摂取する軽い飲酒では、脳卒中の発症率が10─15%上昇。1日4杯以上の飲酒では、血圧が大きく上昇し、脳卒中発症率は35%前後上昇した。

     研究を共同指導したオックスフォード大学ナフィールド・カレッジのZhengming Chen教授は、「この結果が示す重要なメッセージは、少なくとも脳卒中に関しては軽い飲酒による予防効果はないということだ」と述べた。

     世界保健機関(WHO)は、世界の飲酒者は23億人前後、純アルコール摂取量の平均は1日33グラム(150mlのワイングラスで2杯分程度)と推定している。

     研究は、西洋人にはほとんどアルコール耐性抑制遺伝子がないためこの種の調査は不可能だが、アルコールの生体影響は世界の誰に対しても同じであるはずとしている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

    2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

    3. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

    4. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

    5. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです