メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 医療の未来、つなぐ

倉庫内で機械によって引き上げられるDNAが入ったチューブ=東京都港区の東京大医科学研究所で、丸山博撮影

 びっしりと並ぶ透明な液体が入った細いチューブが、機械で引き上げられ運ばれていく。中身は人の血液から取り出したDNA(デオキシリボ核酸)で、個人の遺伝情報が詰まっている。人間は、この遺伝情報のほんのわずかな違いにより、顔や体形、病気のかかりやすさなどに差が出る。

 東京大医科学研究所にある「バイオバンク・ジャパン(BBJ)」。肺がんや乳がん、心筋梗塞(こうそく)、糖尿病など51疾患の患者27万人分の試料と情報が保管されている。DNAだけでなく、血清や診療情報、生活習慣情報なども。研究資源として大学や企業などの研究者に提供される。

 2003年に始まった世界最大規模のリーディングプロジェクトで、毎年10億円以上の国費を投入。「将来…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです