メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

高野寛 通過点刻む信頼の30年

高野寛 

 <楽庫(らっこ)>

 生まれは東京オリンピック開催の1964年、経済成長と共に育ち、昭和最後の88年にデビューした。アナログ盤からCDへの移行の年だ。「コンピューターが日常生活に浸透し、映像も音楽もコンピューターで作れる時代になりました。それどころか、全てが手のひらのスマートフォンに収まってしまうようになった」と、高野寛は、自らの活動の歴史と重ねながら、この30年を振り返る。

 そして、こう加えた。「人との出会いに恵まれました。デビューの時は(高橋)幸宏さんに、ヒット曲『虹の…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1001文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  2. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  3. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」
  4. 加藤浩次さん「気持ちは決まっている」「まだごまかそうと」吉本社長会見を批判
  5. 岡本社長、ギャラ配分「5対5から6対4」発言に芸人「ウソだろ…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです