メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

フィーバー333 暴れても楽しくポップ

撮影:岸田哲平

 <楽庫(らっこ)>

 雨の中、そろってパンイチ姿で暴れ回った、「FUJIROCKFESTIVAL’18」での衝撃の初来日ライブから7カ月、米ミクスチャーロックの新鋭が単独公演で戻ってきた。当日は朝から、TVの情報番組で生パフォーマンス。カメラのクレーンによじ登るなど、やはり大暴れしていた。

 フジロック同様、ボーカルのジェイソンが黒頭巾をかぶってステージに黙して立ち、頭巾を投げ捨てるのを合図に一気に爆発するロケットスタートでライブの火ぶたが切られたのだが、すでに会場の興奮は極限状態。これを見た…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです