メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK連続テレビ小説

時間早めて視聴率回復 朝ドラ「なつぞら」で通算100作 高い自由度、大胆な脚色も

(左から)「娘と私」の北林早苗▽「おしん」の乙羽信子、小林綾子、田中裕子▽「君の名は」(91年度)の鈴木京香▽「あさが来た」の波留▽100作目「なつぞら」の広瀬すず=いずれもNHK提供

 1961年4月の放送開始から通算100作目となるNHK連続テレビ小説「なつぞら」が始まった。「テレビ離れ」が叫ばれる中、朝ドラは今も毎回の視聴率が20%前後を記録する根強い人気を保っている。朝ドラの歩みから、人気の秘密を探った。(視聴率はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)【屋代尚則】

 「朝ドラの歴史は順風満帆とは言えなかった。視聴率が下がり『そろそろ歴史的な役割を終えたのでは』という議論が内外でされたこともあった」

 NHK放送文化研究所は先月、朝ドラをテーマにしたシンポジウムを東京都内で開催。放文研の担当者が、朝…

この記事は有料記事です。

残り1613文字(全文1875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです