メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイド視聴室

警視庁捜査資料管理室 相変わらずの“ポンコツ”っぷり

明石幸男(瀧川英次、前列右)は、部下の戸塚美保(秋元才加、同左)に危機管理対策を教えようとするが……

警視庁捜査資料管理室 BSフジ=月曜午後11時

 昨年10~12月に放送されたシチュエーションドラマ「警視庁捜査資料管理室(仮)」の続編。主人公は捜査が終了し解決済みの捜査資料をデジタル化するのが仕事の技術専門官、明石幸男(瀧川英次)。妄想癖があるため、捜査資料の取るに足らないことが気になってしまい、勝手に事件のイメージをふくらませては仕事にも支障をきたしている。

 第2シーズンの今作は、部署名の「(仮)」が取れて、明石にも部下ができる。8日放送の第2話では、部下…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文525文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです