メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

爆破シーン

イベントで体感、町おこし点火 福岡・筑豊や埼玉、コスプレにも人気

 刑事ドラマや戦隊ヒーロー番組で使われている「爆破シーン」を間近で見ることができるイベントが各地で開かれている。「インスタ映え」を狙って参加する人が多く、コスプレ撮影会のほか、地域活性化のためロケ誘致につなげる動きまで出ている。

 福岡県筑豊地方の糸田町にある広大な空き地。「ドーン」というごう音とともに、真っ赤な火柱や噴煙が5カ所から次々と上がり、赤色灯を回した「警察車両」がさっそうと駆け抜けた。

 普段は東京で活動する映像作家の永芳(ながよし)健太さん(47)が、法律で定める届け出をした上で1月…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  3. 大阪・住吉小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです