メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐路の風景

大阪文学学校 卒業生の作家・玄月さん 自由なる批評の場

 94年秋から2年間、夜間部・小説クラスで腕を磨いた。それまでに一人で書きためていたが、読んでもらう当てのない日々だった。姉がかつて通っていたこともありここを選んだ。作品が他人の目に触れるのは刺激的だったし創作のヒントにもなった。卒業後の97年、当時の文校の講師と仲間で同人誌『白鴉(はくあ)』を創刊…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 韓国、対日批判強める 輸出規制「日本に大きな損害」 知日派の李首相活用も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです