メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜市

市民主役の市史 1975年から現在 まちづくりに注目 /岐阜

 岐阜市は昭和50(1975)年から現在までの市民の暮らしやまちづくりの動き、行政の活動などをまとめた「岐阜市史 現代2」を刊行した。高度経済成長やバブル崩壊、繊維産業と柳ケ瀬の衰退から、民間主体のまちづくりの動きまでを記述。NPOなど一般市民の活動に重点を置くなど、「画期的な市史」という。

 2012年から約7年をかけて編集した。通史編2分冊(計481ページ)▽史料編第2巻「便覧・年表」(285ページ)▽史料編第3巻「写真」(167ページ)▽史料編第3巻「映像で見る時間旅 昭和と平成の記録」(DVD6枚入りフォルダー)--で構成している。「史料編第1巻」は先に完成し、販売されている。いずれもA4判。

 行政だけでなく、まちづくりに関わる市民の動きにも注目した。通史編には「語っておきたい、私たちの生き…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです