メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村文則の書斎のつぶやき

元号発表 首相にうんざり

中村文則さん=名古屋市中村区で2018年2月17日、木葉健二撮影

 新元号は「令和」であるけど、改めて「平成」は書体が安定し、かつ新しい響きもあり、随分優れた言語感覚から成り立っていたのだな、と感じた。

 直近の元号では、平成、明治、昭和、令和、大正、の順に好みである(漢字の意味ではなく、言語感覚として)。昭和と令和は僅差かもしれない。大正は字の据わりは完璧だけど、やや普通かな、と思う。令和は明治や昭和と違い二偏で構成された漢字同士で支えるのではなく、かつ一番下に位置するのが和の一本の棒の部分になるので、バランス感覚が大事な漢字の組み合わせかもしれない。

「現首相が所属している派閥が『清和会』だから、響きを合わせ令和になった、だって平成の時の首相は竹下氏…

この記事は有料記事です。

残り1441文字(全文1737文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです