メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中村文則の書斎のつぶやき

元号発表 首相にうんざり

中村文則さん=名古屋市中村区で2018年2月17日、木葉健二撮影

 新元号は「令和」であるけど、改めて「平成」は書体が安定し、かつ新しい響きもあり、随分優れた言語感覚から成り立っていたのだな、と感じた。

 直近の元号では、平成、明治、昭和、令和、大正、の順に好みである(漢字の意味ではなく、言語感覚として)。昭和と令和は僅差かもしれない。大正は字の据わりは完璧だけど、やや普通かな、と思う。令和は明治や昭和と違い二偏で構成された漢字同士で支えるのではなく、かつ一番下に位置するのが和の一本の棒の部分になるので、バランス感覚が大事な漢字の組み合わせかもしれない。

「現首相が所属している派閥が『清和会』だから、響きを合わせ令和になった、だって平成の時の首相は竹下氏…

この記事は有料記事です。

残り1441文字(全文1737文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです