メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊野古道

世界遺産登録15周年記念 「尾鷲トレイル」初開催 絶景のぞむコースを歩く 参加者募集 /三重

 熊野古道世界遺産登録15周年を記念し、尾鷲市内の山陵から尾鷲湾などの絶景をのぞむコースを歩くイベント「尾鷲トレイルを歩く」が5月に初めて催される。企画した県立熊野古道センターが参加者の募集をしている。

 尾鷲湾を見下ろすように三方を山に囲まれた尾鷲市。この長大な山脈を尾根伝いに踏破する全長約37キロ(同市水地-行野浦)のコースがある。樹齢500年を超えるスギやヒノキの巨木を見ながら進むコースは、最高峰の高峰山(1045メートル)をはじめ、適度なアップダウンがあり、途中には岩や石が積み重なった斜面「ガレ場」もある。登山経験者の中~上級者向けのコースだ。

 イベントは2日間の日程であり、コースを2回に分けて開催する。5月11~12日には始点の猪鼻水平道か…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
  4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  5. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです