メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美容クリーム

「ピアニン」完成 忍者も使った傷薬エキス配合 あけぼの学園高生が開発協力 伊賀 /三重

手にしたピアニンをPRするあけぼの学園高生=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 県立あけぼの学園高(伊賀市川東)で美容師を目指す生徒らのクラブ「ビューティクリエイト部」が開発に協力したオールインワンジェル(美容クリーム)「peonin(ピアニン)」が完成し、販売が始まった。製品に配合したシャクヤクの英語(peony)と、シャクヤクを薬に使ったとされる忍者をかけて商品名にした。

 美容メーカーに協力して開発した製品の第3弾。今回は津市の「ビケント」と組み、約1年間かけて商品化した。部員102人が、美容店で働く先輩らから手荒れの悩…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです