メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

県議選 あす投開票 終盤、訴え熱く /滋賀

県議選の開票状況の速報作業をリハーサルする滋賀県選管職員=同県庁で、北出昭撮影

 任期満了に伴う県議選(定数44)は統一地方選前半の7日、投開票される。選挙戦となった10選挙区では、子育て支援や福祉、経済の活性化、環境問題など地域が抱えるさまざまな課題を、候補者が有権者に訴えかけた。今年は統一選と参院選が同じ年に実施される「亥(い)年選挙」だけあって、各党・政治団体とも勢力の拡大を図ろうと、選挙戦も終盤に向け熱を帯びている。【成松秋穂】

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文986文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです