メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

塚田副国交相

忖度発言 事実上の更迭 擁護一転、幕引き急ぐ

辞任について報道陣に説明する塚田一郎副国土交通相=国交省で2019年4月5日午前、佐々木順一撮影

 自民党の塚田一郎副国土交通相(参院新潟選挙区)は5日、下関北九州道路の建設計画を巡り、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の意向を「忖度(そんたく)した」と利益誘導とも取れる発言をした責任を取って辞任した。塚田氏を続投させる考えだった首相は、野党が「安倍-麻生道路」と批判を強める中、政権全体に影響しかねないとみて5日朝、事実上の更迭を決断した。【川口雅浩、鈴木一生】(2、3面にクローズアップ)

 政府は5日の持ち回り閣議で、塚田氏の後任に副国交相経験者の牧野京夫(たかお)参院議員(静岡選挙区、…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです